MENU

施術方法の違いと痛みの有無

脱毛にはいくつかの施術方法があります。痛みや効果はそれぞれ異なります。

 

脱毛方法 値段 痛み 施術時間 脱毛回数・期間
光脱毛

(フラッシュ脱毛)

比較的安価

500円以下でできる所も

ほとんど無痛に近い 両ワキ5分程度 約8〜12回で施術完了

完了するのに1年半〜2年

レーザー脱毛 光脱毛より高め

両ワキ3,000円前後

痛みあり

麻酔を使うことも可能

両ワキ5〜10分程度 約6〜8回で施術完了

完了するのに1年〜1年半

ニードル脱毛

(絶縁針脱毛)

高い

両ワキで平均10万円

激痛

施術後に処方薬あり

両ワキ1〜2時間 約5〜6回で施術完了

完了するのに1年程

※表は横にスクロールできます。

 

光脱毛

  • 痛みがほぼない、1回の施術時間は短い
  • 比較的安価、ワンコインでできるサロンもある
  • 一度に照射できる範囲が広い
  • 産毛や細い毛、日焼けした肌は施術NG
  • 3つの施術方法の中で一番効果が出るのが遅い

 

ほぼ全ての脱毛サロンで行われているのが「光脱毛(フラッシュ脱毛)」

ワンコインで施術できるサロンもあり、比較的安価で安心して受けることができます。
家庭用脱毛器などでも使われている脱毛法です。

 

黒いものにだけ反応する特殊な光を照射し、ムダ毛の毛根に直接ダメージを与える事で毛根組織を破壊し脱毛を促します。
レーザーよりも光の出力が弱いため、肌に優しく痛みもほぼありません。
ニードルの様に毛穴1つ1つに作用させる必要がないので広範囲をいっぺんに照射することが可能、スピーディに施術できます。

 

毛周期によって施術を行うため、2〜3か月に1度の間隔で通い、1年半〜2年程で殆どの方が満足のいく結果となります。
他の施術方法に比べ、安全な分回数や期間はかかります。
施術時や施術後にはサロンによって保湿ジェルなどを塗ってくれる所も。
火照った部位を冷やしてくれて脱毛しながら潤った肌を手に入れることが可能。
回数を踏んでも良いから痛みなく脱毛したい!という方にはぴったりな脱毛法です。

 

レーザー脱毛

  • 光脱毛より高出力なため痛みがある
  • 光脱毛より効果を早く感じる
  • 産毛や細い毛には効果がないことがある

 

「レーザー脱毛」はクリニックで受ける事のできる脱毛法

出力の高いレーザーを使うため、医師資格を有する人でないと施術ができません。

 

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどといった種類のレーザーを用いて施術します。
単一の波長のレーザーを用いるため、光脱毛よりも出力が高く痛みを感じやすいと言われています。
皮下の黒いムダ毛にのみ反応するため、皮膚や細胞を傷つける事はありません。
照射したレーザーがムダ毛に吸収されると、毛包全体に熱が伝わり細胞を破壊して脱毛を促します。
光脱毛より痛みが出やすいのが難点ですが、光の出力を高くあげられるので脱毛効果は高いと言われています。

 

こちらも光脱毛同様、毛周期によって2〜3か月に1度の間隔で施術、1年〜1年半と光脱毛よりはスピーディーに終わらせる事ができます。
また、施術が医師資格を持ったスタッフが行うので、照射漏れや勧誘もなく万が一の時でもすぐに対応してくれます。
施術中、痛みがひどい場合は麻酔や痛み止めクリームを塗ってくれる所もあります。
なるべく早く脱毛を終わらせたい!確実に脱毛したい!という方にぴったりな脱毛法です。

 

ニードル脱毛

  • 毛の再生率が最も低い
  • 日焼けした肌や色素沈着部分にも施術可能
  • 部分的に施術するため時間がかかる
  • 鋭い痛みがある
  • 手間がかかる分、料金が高額

 

レーザー脱毛同様、医師資格所持者のみが施術することのできる「ニードル脱毛(絶縁針脱毛)」

毛穴1つ1つに絶縁針という個人専用使用の針を刺して、高周波の電流を流し毛根を破壊します。
毛穴に直接針を刺すので、確実に狙ったムダ毛を施術することができますが、針を刺す+電流を流す=極度の痛みが生じます。
更に毛穴に1つずつ針を刺す行ために時間がかかるのでワキだけでも1〜2時間はかかってしまいます。

 

ニードル脱毛の金額は施術時間で決められています。
痛いからと休み休み行っていると、あまり進まず殆ど施術できなかったなんてこともしばしば。
あまりにも痛みが強い場合は局所麻酔をしてくれる場合もあります。
施術後の肌は赤みがあり腫れているのでアイスパックなどで冷やす必要があります。
化膿止めの軟膏を処方されるのでしばらく塗る必要もあり、また施術後2日間は湯船に入ることは禁止されています。

 

ニードル脱毛も他と同じく2〜3か月に1度の間隔で施術します。
毛穴に直接電流を流すので、日焼けをしている肌にも施術ができます。
毛の再生率が3つの中で最も低いため、完全脱毛にもっとも近いのがニードル脱毛。
痛くてもムダ毛とはおさらばしたい!という方にぴったりです。

 

メリットデメリットはそれぞれ

現在の主流な脱毛方法は回数を重ねるごとにムダ毛が減っていく「光脱毛」と「レーザー脱毛」です。
回数が多くても気軽に安価で通えるのは脱毛サロンの「光脱毛」で、短期間、且つ医療機関で安心して通いたい場合は脱毛クリニックの「レーザー脱毛」になります。

 

痛みがあっても大丈夫!確実にムダ毛をなくしたい!という場合は「ニードル脱毛」です。
基本的にクリニックで施術を受けられますが、サロンだとTBCなどの大手で受けることもできます。

 

脱毛期間や料金などが目につきやすい所ではありますが、自分のニーズにあった脱毛方法を選び、自分に合ったサロンやクリニックを見つけて下さいね。