MENU

シェービング

一般的に最も主流な処理法として知られるシェービング。
セルフ脱毛方法でもご紹介していますが、カミソリを使って肌表面の産毛や細い毛を広範囲にわたり処理をする除毛法です。

 

脱毛サロンで施術を受ける際にも自己処理として行うシェービングは、簡単そうに見えますが、実は気をつけないとトラブルになる怖れも。
そんなシェービングの施術法からメリットデメリットなどをご紹介したいと思います。

 

シェービングは元々理髪店で行っていた処理法

脱毛じゃない!すシェービングは古い角質も一緒にそぎ落とす最も恐ろしい自己処理法です

現在では自宅での自己処理として男女問わずに親しまれるようになりました。

 

カミソリの滑りを良くし、お肌への負担を減らすために専用のシェービングフォームやジェルをお肌に塗り、カミソリで滑らせるようにムダ毛を剃っていきます。
カミソリを肌に当てる事で、古い角質も一緒にそぎ落とすことができるため、透明感のある白い肌を手に入れることが可能。

 

施術後は化粧水を塗り、保湿クリームなどでしっかりフタをしましょう。
カミソリは肌表面の角質を削ってしまうので、角質による保湿効果をなくしてしまうので、保水・保湿はしっかり心がけましょう。

 

シェービングのメリット

 

簡単に安価で処理ができ、効果も1度で分かるので急な予定にはぴったり。

 

古い角質を一緒に取り除くこともできるので、肌のトーンも変わり化粧ノリが良くなります。
また、サロンなどでは処理することのできない細くて薄い産毛なども処理することが可能

 

シェービングのデメリット

 

肌の表面にある角質も一緒に削ってしまい、その後再生する際に稀に毛穴を覆ってしまうことがあります。
それによって起こるトラブルが埋没毛

 

またカミソリを使用することで傷や炎症・細菌の感染による毛穴の化膿が起きる場合も。
更にシェービングを続けると、刺激により黒いメラニン色素が生まれ、肌が色素沈着してしまいます。

 

そしてシェービングは毛を剃る処理になるので2〜3日で元の状態までムダ毛が伸びます。

 

脱毛じゃない!すシェービングは古い角質も一緒にそぎ落とす最も恐ろしい自己処理法です

気軽にできる処理法ですが、肌へのトラブルは一番多いかもしれません。

ですが脱毛サロンへ行く際も必要となる処理法なので、丁寧に処理しアフターケアを怠らないことが大切です。

 

また、シェービングを行うのに最適な場所はお風呂ともいわれています。
温かいお湯で毛や肌が柔らかくなるので剃りやすく最適。

 

ですが雑菌の増殖がしやすい場所なので注意が必要です。
また、室内で行う際はホットタオルで肌を温め、ムダ毛を膨張させると剃りやすくなります。

 

簡単にキレイに処理できるシェービング。
脱毛サロンに通う際も必要な処理法なので正しい処理法をしっかり覚えましょう。

関連ページ

エピローラー
顔の産毛や背中毛の処理に便利なセルフ脱毛のお助けアイテム「エピローラー」の脱毛効果は実際どうなのか?やっぱり脱毛サロンへ言った方がいいのか?検証しました。
カミソリ
安くて簡単に処理できるカミソリですが、気を付けて行わないとトラブルが起こってしまいます。カミソリで行うセルフ脱毛が引き起こすトラブルとは?
おうちで楽々脱毛!ペン型脱毛器のご紹介!
コンパクトなペン型の家庭用脱毛器ではいかがでしょうか?今回は、高周波でお手軽に脱毛を行うことができる高周波脱毛器「エピキュート」をご紹介します。
市販の脱毛グッズを使って気軽に脱毛できる方法
脱毛に通いたいけれど、お仕事が忙しかったり、脱毛に通うお金がないという人もいると思います。そのような人に市販の脱毛グッズにはどのような物があるか紹介していきたいと思います。
パナソニックの脱毛器でおうちケア!レーザー脱毛とはどう違うの?
医療レーザー脱毛や光脱毛に興味があるけど、時間がないし、脱毛料金が心配で…。 そのような方は、ご自宅でお好きなときに脱毛を行うことができる、パナソニックビューティーの”ソイエ”でセルフ脱毛にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
家庭用脱毛器でも顔脱毛ができるの?
安価な費用で時間の制約を受けることなく行える家庭用脱毛器での顔脱毛について紹介します。
家庭用脱毛器を購入してもアンダーヘアは脱毛できない?
家庭用脱毛器を購入してもアンダーヘアは脱毛できない?という噂は本当か?調べてみました。
おすすめが知りたい!プチプラの脱毛器は一体どれ?
今は自宅でも脱毛が行える時代となり、たくさんの種類の家庭用脱毛器が登場しています。ただ、どんな脱毛器を選んだらよいのか、わからない人もたくさんいらっしゃいます。お金をかけたくない人のためにプチプラの脱毛器をご紹介します。
セルフでできる?顔脱毛のやり方
顔の産毛処理、どうしていますか?今回はセルフで行うことができる顔脱毛のやり方をご紹介することにします。
脇脱毛を自分でやってみる・どの方法がおすすめ?
脇脱毛を自分でやってみようと思っている方へどの方法がおすすめなのかさまざまなやり方を紹介します。
脱毛器を買うなら販売店はどこがいい?
家庭用脱毛器にはさまざまな種類があり、公式サイトの通販や家電量販店などで販売されています。また、インターネットのショッピングサイトやオークションサイトなどで販売されていることもあり、この場合では、新品だけではなく、中古品の取り扱いもあります。
自宅で脱毛器具を使うと効果的に脱毛できるの?
家庭用脱毛器は、サロンなどには通わず自宅で気軽に脱毛できるので普段なかなか脱毛に通うことが難しい人に人気のアイテムとなっています。ここでは、そんな家庭用脱毛器のメリット・デメリットを見ていきます。
家庭用脱毛器を使用していると弊害が生じることもある
家庭用脱毛器は近年利用している人が急増しています。メリットが多そうな家庭用脱毛器にも、デメリットが存在します。ここではそれを詳しく解説します。
安い脱毛器を探す!1万円以下の製品はどれ?
家庭用脱毛器はどれもこれも高額なイメージがありますが、よくよく探してみると、1万円以下の製品も存在しています。また、本体価格が1万円を超えてたとしても、分割払いで1回の支払いを1万円以下に抑える購入方法を選択できる製品もあります。
美顔効果を期待できる脱毛器はどれ?
美容外科クリニックに行けば、美顔効果を期待できる治療メニューがたくさん用意されている。それはわかっていても、わざわざ通わなければならない手間、そして、料金を考えると、いまひとつ踏み切れないという方は多いことでしょう。それならば、家庭用脱毛器で、脱毛と同時に美顔効果を得てみてはいかがでしょうか。
自宅で綺麗に脱毛するには、脱毛器と脱毛クリームを併用してみよう!
お金をかけずに綺麗になりたいと考えている人や、仕事の都合で店舗に通うことが難しい人は、ムダ毛の処理の悩みを抱えたまま過ごされているのではないでしょうか。そんな方には、家庭用の脱毛器と脱毛クリームを使って、セルフ脱毛を行うことをおすすめいたします。
脱毛器とシェーバー、セルフで処理をするのなら?
脱毛サロンやクリニックに通うとなると、わざわざ時間を作らなければなりませんし、費用だって馬鹿になりません。そのようなときには、セルフで除毛処理を行うしかありません。今回は、家庭用脱毛器とシェーバーによるムダ毛処理の、それぞれのメリットやデメリットについて考えてみることにしましょう。
スムーズスキンってどんな脱毛器?
ご自宅に居ながらエステさながらのケアを行うことができるという、スムーズスキンという脱毛器をご紹介して行きます。
4週間もあけなきゃだめ?脱毛器と毛周期の関係性
脱毛は毎日行えるものではなく、ある一定の間隔を開けなければ、脱毛器を使用できないと記載があります。なぜそのような間隔を開けなければいけないのか、その間隔はどのように決められているのかという点についてお話いたします。
ローラー式脱毛器
家庭用脱毛器にも種類があります。今回は、たくさん種類がある中でも、ローラー式の脱毛器についてお話ししたいと思います。
ブラジリアンワックス
脱毛サロンで行っている脱毛方法の種類と違いについてまとめてみました。脱毛を始めたいと思っている方はまずチェックしておきましょう。