MENU

就活生必見!?脱毛サロンの離職率はどのくらい?

脱毛に興味のある方の中には、自ら脱毛サロンで働きたいと考えている女性も少なくありません。

 

自分のスキルアップのためにも、サロンで実際に働くことで脱毛の知識を身に付けることができるため、脱毛サロンへの就職希望者はたくさんいらっしゃいます。

 

実際に自分が働く業界については、就職率ももちろん調べますが、離職率のことも気になるのではないでしょうか。
そこで、今回は脱毛サロンの離職率についてお話ししていきたいと思います。
これから就職を考えている方の参考になれば幸いです。

 

脱毛サロンの仕事内容

まずは、脱毛サロンの一般的な業務内容をご紹介致します。

 

サロンスタッフになるために、特別必要な資格というのは存在しません。
そのため、簡単に誰でもなれると思うかたがいらっしゃいますが、実はそんなことはなく、資格は必要ないけれど、常にお客さまの体に直接触れる仕事内容ばかりなため、専門的な知識や技術を身につけておく必要があります。

 

また、最新器具や美容サービスを求めてくるお客様のために、日々勉強を行わなければなりません。
エステサロンで行う仕事内容は大きく分けて、カウンセリング、フェイシャルケア、ボディケア、脱毛の4つです。

 

カウンセリングでは、お客様の要望を聞き、よりお客様に合った施術方法や進め方を提案します。
契約内容の説明や、脱毛に関する不安を少しでも減らしてもらえるように、丁寧に説明を行います。

 

フェイシャルケアやボディケアでは、脱毛前のケア方法や、脱毛したあとのアフターケアについて方法をご紹介したり、おすすめのケア方法を実際にお客様に試してもらうこともあります。

 

脱毛に関しては、専門機材を使用して脱毛を行うため、知識と技術が身に付くように毎日勉強し、練習を重ねます。

 

どの業務内容も、すべてお客様を相手に行うものですので、常に細心の注意を払いながら作業を行うのが脱毛サロンの仕事です。

 

脱毛サロンの離職率はどのくらい?

そんな脱毛サロンで働くエステティシャンは、美容の知識や技術を取得できる素敵な職業のイメージがありますが、どんな職業も同じで、良いこともあれば悪いことだって存在します。

 

エステティシャンでの辛い経験談を調べてみると、お客さまからのクレームについてが多く寄せられていました。
クレーム内容もさまざまですが、女性の肌に関してのクレームが多いことから激怒されることが多く、スタッフも対応に困ることが多くあります。

 

辛い体験が少なくないエステティシャンは、自然と離職率が高くなる傾向にありますが、お客様への対応をしっかり行っていれば、クレームも少なくなります。

 

離職率だけを見て、エステティシャンになることを諦めるのではなく、自分の本当になりたい仕事が脱毛サロンで働くことなのであれば、自信と強い意思をもって、脱毛サロンで働くことをおすすめします。

関連ページ

脱毛サロンを検索する時はどこを注意したら良いのか?
脱毛サロンに通いたいなと思ったら、まず最初にすることが検索ですよね。どのようなサロンがあるのか?自分の自宅近くで通いやすいサロンはどこか?いろいろ検索して探す人も多いかと思います。その際に、どのような点に注意して脱毛サロンを検索すれば良いか紹介したいと思います。
脱毛を受けるならどこがいい?
脱毛は脱毛エステやサロン、美容外科クリニックなどで受けることができますが、いざ脱毛しようと考えると、脱毛サロンや美容外科クリニックの多さに面食らってしまうこともあるでしょう。そのようなときには、なにを基準として脱毛エステやサロン、美容クリニックを選ぶことがベストなのでしょうか。
小倉で脱毛サロンお探しなら!このサロンがおすすめです!
小倉駅は博多駅に次いで大きな規模を誇る駅で、駅前にはエステティックサロンや脱毛サロンが林立しています。小倉でおすすめの脱毛サロンを紹介しましょう。