MENU

ローラー式脱毛器の、メリットとデメリットをご紹介します!

今や、脱毛しているのが当たり前という認識を持った方が増えてきている世の中になりましたが、まだまだ脱毛は憧れの存在で、なかなか脱毛サロンやクリニックに通うことができない人もたくさんいらっしゃいます。

 

近場に通える店舗がなかったり、時間を作ることができないなど理由はさまざまですが、サロンやクリニックに通えないからと言って、脱毛を諦めるにはまだ早いです。

 

最近では、家庭用脱毛器を使用して、脱毛を自宅で好きなときに好きな場所を好きなだけ行っている人も増えてきています。
わざわざ店舗に通う必要がないため、気軽にできるところが家庭用脱毛器の人気の理由の1つです。

 

そんな家庭用脱毛器にも種類があります。
今回は、たくさん種類がある中でも、ローラー式の脱毛器についてお話ししたいと思います。
ローラー式のメリットとデメリットをご紹介しますので、これから家庭用脱毛器を使用する際の参考にしてみてください。

 

メリット

ローラー式の脱毛器というのは、簡単に言うと、毛抜きのようにムダ毛を処理していく方法です。
絨毯やマットなどのゴミを取るときに、コロコロを使う方がいらっしゃいますが、ゴミを粘着テープに巻き付けて除去する方法と同じで、脱毛器のローラーの先についた金属の部分に、ムダ毛を挟み込み脱毛していきます。

 

たくさんある脱毛器の中でも、ローラー式の脱毛器は、とても安価で販売されいるため、お手頃価格で手に入れることができるのが最大のメリットです。

 

ローラー式の脱毛器で有名なエピローラーは、数千円で購入できるため、初めて家庭用脱毛器を使う人にはおすすめです。
お金をかけずに脱毛することができるので、学生にも人気があります。

 

脱毛方法も、ローラーを脱毛したい部分に当てて、コロコロするだけですので、誰でも簡単に取り扱うことができます。

 

デメリット

一方、デメリットとしては、脱毛するときに痛みが生じることです。
毛抜きでムダ毛を処理したことがある方は、ご存じかと思いますが、皮膚が柔らかい部分だと特に痛みを感じやすいことから、涙が出るくらい痛いと感じる方もいらっしゃいます。

 

また、脱毛器で抜いたあとに毛穴が炎症を起こす可能性もありますので、アフターケアを怠ると、肌トラブルへ繋がってしまうため、必ず保湿ケアなどを行う必要があります。
また、ある程度長さがないとムダ毛を挟み込むことができないため、長さがある部分のみの脱毛しか行えません。

 

冬場なら衣類でムダ毛がある程度長くなるまで隠すことはできますが、夏場など服で隠すことができない部分の脱毛を行うには、不向きと言えます。
さすがにムダ毛が伸びるまで放置しておくのは、女性としては恥ずかしいですので、他の処理方法と併用して使用することをおすすめします。

 

以上が、ローラー式のメリットとデメリットです。
これから脱毛を行う時の参考になれば幸いです。

関連ページ

エピローラー
顔の産毛や背中毛の処理に便利なセルフ脱毛のお助けアイテム「エピローラー」の脱毛効果は実際どうなのか?やっぱり脱毛サロンへ言った方がいいのか?検証しました。
カミソリ
安くて簡単に処理できるカミソリですが、気を付けて行わないとトラブルが起こってしまいます。カミソリで行うセルフ脱毛が引き起こすトラブルとは?
おうちで楽々脱毛!ペン型脱毛器のご紹介!
コンパクトなペン型の家庭用脱毛器ではいかがでしょうか?今回は、高周波でお手軽に脱毛を行うことができる高周波脱毛器「エピキュート」をご紹介します。
市販の脱毛グッズを使って気軽に脱毛できる方法
脱毛に通いたいけれど、お仕事が忙しかったり、脱毛に通うお金がないという人もいると思います。そのような人に市販の脱毛グッズにはどのような物があるか紹介していきたいと思います。
パナソニックの脱毛器でおうちケア!レーザー脱毛とはどう違うの?
医療レーザー脱毛や光脱毛に興味があるけど、時間がないし、脱毛料金が心配で…。 そのような方は、ご自宅でお好きなときに脱毛を行うことができる、パナソニックビューティーの”ソイエ”でセルフ脱毛にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
家庭用脱毛器でも顔脱毛ができるの?
安価な費用で時間の制約を受けることなく行える家庭用脱毛器での顔脱毛について紹介します。
家庭用脱毛器を購入してもアンダーヘアは脱毛できない?
家庭用脱毛器を購入してもアンダーヘアは脱毛できない?という噂は本当か?調べてみました。
おすすめが知りたい!プチプラの脱毛器は一体どれ?
今は自宅でも脱毛が行える時代となり、たくさんの種類の家庭用脱毛器が登場しています。ただ、どんな脱毛器を選んだらよいのか、わからない人もたくさんいらっしゃいます。お金をかけたくない人のためにプチプラの脱毛器をご紹介します。
セルフでできる?顔脱毛のやり方
顔の産毛処理、どうしていますか?今回はセルフで行うことができる顔脱毛のやり方をご紹介することにします。
脇脱毛を自分でやってみる・どの方法がおすすめ?
脇脱毛を自分でやってみようと思っている方へどの方法がおすすめなのかさまざまなやり方を紹介します。
脱毛器を買うなら販売店はどこがいい?
家庭用脱毛器にはさまざまな種類があり、公式サイトの通販や家電量販店などで販売されています。また、インターネットのショッピングサイトやオークションサイトなどで販売されていることもあり、この場合では、新品だけではなく、中古品の取り扱いもあります。
自宅で脱毛器具を使うと効果的に脱毛できるの?
家庭用脱毛器は、サロンなどには通わず自宅で気軽に脱毛できるので普段なかなか脱毛に通うことが難しい人に人気のアイテムとなっています。ここでは、そんな家庭用脱毛器のメリット・デメリットを見ていきます。
家庭用脱毛器を使用していると弊害が生じることもある
家庭用脱毛器は近年利用している人が急増しています。メリットが多そうな家庭用脱毛器にも、デメリットが存在します。ここではそれを詳しく解説します。
安い脱毛器を探す!1万円以下の製品はどれ?
家庭用脱毛器はどれもこれも高額なイメージがありますが、よくよく探してみると、1万円以下の製品も存在しています。また、本体価格が1万円を超えてたとしても、分割払いで1回の支払いを1万円以下に抑える購入方法を選択できる製品もあります。
美顔効果を期待できる脱毛器はどれ?
美容外科クリニックに行けば、美顔効果を期待できる治療メニューがたくさん用意されている。それはわかっていても、わざわざ通わなければならない手間、そして、料金を考えると、いまひとつ踏み切れないという方は多いことでしょう。それならば、家庭用脱毛器で、脱毛と同時に美顔効果を得てみてはいかがでしょうか。
自宅で綺麗に脱毛するには、脱毛器と脱毛クリームを併用してみよう!
お金をかけずに綺麗になりたいと考えている人や、仕事の都合で店舗に通うことが難しい人は、ムダ毛の処理の悩みを抱えたまま過ごされているのではないでしょうか。そんな方には、家庭用の脱毛器と脱毛クリームを使って、セルフ脱毛を行うことをおすすめいたします。
脱毛器とシェーバー、セルフで処理をするのなら?
脱毛サロンやクリニックに通うとなると、わざわざ時間を作らなければなりませんし、費用だって馬鹿になりません。そのようなときには、セルフで除毛処理を行うしかありません。今回は、家庭用脱毛器とシェーバーによるムダ毛処理の、それぞれのメリットやデメリットについて考えてみることにしましょう。
スムーズスキンってどんな脱毛器?
ご自宅に居ながらエステさながらのケアを行うことができるという、スムーズスキンという脱毛器をご紹介して行きます。
シェービング
最も主流な自己処理法として知られるシェービングには危険がいっぱい。脱毛してきれいになりたいニーズにはとは程遠い除毛法は早めにやめて脱毛サロンへ通うことをおすすめします。
4週間もあけなきゃだめ?脱毛器と毛周期の関係性
脱毛は毎日行えるものではなく、ある一定の間隔を開けなければ、脱毛器を使用できないと記載があります。なぜそのような間隔を開けなければいけないのか、その間隔はどのように決められているのかという点についてお話いたします。
ブラジリアンワックス
脱毛サロンで行っている脱毛方法の種類と違いについてまとめてみました。脱毛を始めたいと思っている方はまずチェックしておきましょう。