MENU

ニードル脱毛(電気脱毛)

ニードル脱毛は針を毛穴に刺し、電流を流して毛根に直接ダメージを与えてムダ毛を処理します。
今ではあまり施術されることがなくなりましたが、少し前までは脱毛=ニードルと呼ばれていた程、主流の脱毛法でした。

 

痛みが強く、時間もかかるので敬遠されがちですが、他にはないメリットもさまざま。
そんなニードル脱毛についての仕組みやメリットデメリットをご紹介したいと思います。

 

ニードル脱毛の仕組み

ニードル脱毛は毛穴に針を差し込むので、ムダ毛が5〜10mm程伸びた状態で施術を行います。
使用する針は「絶縁針」と「ニードル針」の2つ。
それぞれには異なった特徴があります。

 

絶縁針は、毛穴に刺した時に針が皮膚に直接触れないようにコーティングがされているのが特徴。
コーティングのおかげで皮膚へのダメージは少なくて済みます。
絶縁針を使った施術は医療機関やクリニックのみ。

 

サロンではチタンやゴールドなどの加工が施されたニードル針によって施術を行います。
加工に使われているチタンやゴールドによって、肌へのダメージが軽減されます。

 

毛穴に針を入れ、電気を10〜20秒流します。
その工程を全てのムダ毛に1つずつ繰り返し行います。

 

針を毛穴に刺す際にチクっとした痛みが発生するのが特徴。
あまりにも痛い場合は医療機関のみ麻酔をすることもできます。

 

フラッシュやレーザーと違い、ニードル脱毛はパーツ毎の料金設定ではなく、施術時間で値段が決まります。

 

ニードル脱毛のメリット

他の脱毛法とは違い、確実に脱毛効果が得られます。
完璧な永久脱毛ができると言われているのもこのニードル脱毛です。

 

また、色素沈着を起こした皮膚や埋没毛などのエステで脱毛ができない部分も施術が可能
根気のいる脱毛法ですが、1本1本確実に処理ができます。

 

ニードル脱毛のデメリット

針を刺すため、痛みは一番強く出血や炎症・色素沈着の起こる可能性も。
施術料金も時間単位で決められているので、毛量の多い方はかなり高額になることもあります。

 

また、ムダ毛をある程度伸ばしておく必要があるので、露出の多くなる夏の時期には不向き。
脱毛効果が施術者の技術によって大きく変わる事もデメリットといえます。

 

ニードル脱毛を扱う店舗が減ってきているので、店舗も少なめ。

 

敬遠されがちなニードル脱毛(電気脱毛)が持っている痛みと引き換えに得られるもの

メリットデメリットをご紹介しましたが、正直なところデメリットが目立ってしまいます。

 

もちろん脱毛効果はどこよりも高く完了後数年経過しても1本も生えてこない効果は実感できますが、他に比べ痛みもあり、金額も高く時間もかかるので「完璧に永久脱毛したい!」と思う人以外は脱毛サロンでいいような気がします。

 

ニードル脱毛比べて脱毛サロンで受けられるフラッシュは、痛みもほとんどなくワンコインで施術が受けられるのでおすすめ。
月額払いもでき、店舗数も多く利用しやすく安心して通うことができます。