MENU

VIOをレーザー脱毛で施術すると脱毛効果はある

最近人気の脱毛部位といえばVIOです。
少し前までは、VIOを脱毛するなんて恥ずかしいという人も多かったですが、「水着が綺麗に着られる」「生理中に快適になる」などの理由でVIO脱毛に挑戦する人が増えているのです。

 

また、早く脱毛を完了させたいとレーザー脱毛を選択する傾向が多いようですが、
本当にレーザー脱毛でVIO脱毛するとしっかり効果は出るのでしょうか。

 

結論からいうと、光脱毛で施術を行うよりも、レーザー脱毛の方が効果は実感しやすいです。
その理由は、光の出力がレーザー脱毛の方が強いからです。
出力が強い分きちんと毛根まで熱が届き、毛乳頭を破壊し毛が生えにくくなります。

 

しかし、いくらレーザー脱毛だからと言って、1~2回脱毛しただけでは毛は減りません。
表面に出ている毛は全体の30%と言われていて、まだ70%の毛は皮膚の中で外に出てくるのを待っている状態です。
また、VIOは他の部位に比べてかなり毛量が多い部位でもあるので、自己処理がいらなくなるまでは6~8回前後の照射回数が必要となってきます。

 

レーザー脱毛でVIO脱毛する時の注意点

レーザー脱毛は出力が高いので、VIOを脱毛するのはとても効果的ですが、気をつけないとトラブルを起こす可能性があります。
ここではどのようなトラブルが起こり得るか解説します。

 

VIO脱毛は痛みが出やすい

VIOは粘膜に近い部位でもあるので、レーザー脱毛の光を照射した際に輪ゴムでバチンと弾かれたような強い痛みを感じます。
肌が弱い人は、施術後皮膚が腫れてしまう場合もあるので、痛みが強い場合には麻酔が使用できるかスタッフに確認してみると良いでしょう。
クリニックによっては、少し意識をぼんやりさせて気持ちをリラックスさせてくれる笑気麻酔や皮膚に塗布すると痛みを軽減できる麻酔クリームを使用できるところもあります。

 

毛嚢炎になることがある

毛嚢炎は、何らかの理由で毛根を傷つけてしまうと、その部分にブドウ球菌が感染し炎症が起こります。
酷くなると膿を持ち痛みも感じることがあります。
特に、VIOなどの太い毛を脱毛した時に毛根を傷つけ毛嚢炎になる人が多いので、施術後はなるべくVIOを清潔に綺麗に保つように心掛けましょう。

 

このように、レーザー脱毛でVIOを施術すると、早く脱毛を完了できる反面、注意をしないと肌トラブルを起こしてしまう可能性もあるので気をつけるようにしましょう。

関連ページ

レーザー脱毛は3回目で効果がわかるって本当?
レーザー脱毛は1回で脱毛を完了させることはできず、最低でも3回、部位や毛質によっては5回以上の照射が必要になることもあります。