MENU

レーザー脱毛

クリニックで受けることのできるレーザー脱毛。
フラッシュ脱毛よりも痛みがあるが効果が高いと言われていますが、実際どのような仕組みで無駄毛を処理しているかご存知ですか?

 

フラッシュ脱毛とはちがい特定の物質にだけ反応するレーザー脱毛。
気になる仕組みやメリットデメリットなどをご紹介したいと思います。

 

レーザー脱毛は

脱毛クリニックで行っている医療レーザー脱毛の仕組みやメリット・デメリット

医師または医師の指示下の看護師しか行うことのできない脱毛法

 

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーと呼ばれる2種類が主に使われています。
波長の長さにより特定の物質や色に反応し働きかけます。

 

その性質を利用し赤・青・黒の3種類の色を感知して集中的にレーザーの熱を与え、組織を破壊。
ホクロやシミなども同じ仕組みを利用することで、傷や跡も残らずキレイに治療することができるのです。

 

レーザー脱毛の波長は単一の光で、ムダ毛などのターゲットだけに作用するので、お肌を傷つけることがありません。
ムダ毛にレーザーが照射さえると、ムダ毛の毛包全体に熱が伝えられます。
そして毛の周囲に熱が広がり毛母細胞を破壊させるのでムダ毛が生えなくなる仕組みとなります。

 

脱毛が完了した肌はまるで赤ちゃんのようなツルツル肌になります。
アフター保障があるクリニックも多く、完了後も気になることがあれば対応可能で安心。

 

レーザー脱毛のメリット

 

何といっても医療資格所持者とその監視下にある看護師のみ照射が可能なので、安心して受けることが可能。
また、フラッシュ脱毛と比べると出力が高いため、少ない照射回数でも効果を発揮します。

 

エステなどによくある勧誘もほとんどありません。
痛みも少なくなっていますが、万が一の場合は医療機関なので麻酔を使用することも可能。

 

レーザー脱ものデメリット

 

産毛のような薄い毛には効果が出にくいことがあります。
また、黒いものに反応するため色素沈着が濃い部位への照射はできません。

 

フラッシュ脱毛に比べると値段も高めに設定。(3倍〜4倍)
店舗数も少なく大都市に集中して展開されているので通いにくい面もあります。

 

脱毛クリニックで行っている医療レーザー脱毛の仕組みやメリット・デメリット

メリットやデメリットがさまざまなレーザー脱毛。

フラッシュ脱毛より効果が高い分、ケアをしっかり行う必要もあります。

 

また、照射してから2〜3日は赤みを帯びたりヒリヒリすることも。
クリニックによっては炎症止めを処方してくれる所もあります。
照射してから2〜3週間で自然にムダ毛が抜け始めますが、無理にひっぱると埋没毛になる原因となりますので注意が必要。

 

フラッシュ脱毛同様、やはり保湿が肝心です。
怠ると肌が乾燥して皮膚表面が堅くなり、せっかく抜け落ちようとしているムダ毛妨げてしまう恐れも。
結果、埋没毛となってしまうこともあるのでボディクリームなどで保湿を必ず心がけましょう。

 

医療機関で行うレーザー脱毛。
安全で効果が高いですが、少し敷居が高い面もあります。

 

そんな方は気軽に行ける脱毛サロンがおすすめ!
ワンコインで受けられるキャンペーンもあり、学生から30代・40代の方まで年齢もさまざまです。

脱毛クリニックで行っている医療レーザー脱毛の仕組みやメリット・デメリット記事一覧

 

どうせ脱毛を受けるのであれば、光脱毛よりも脱毛効果が高いというレーザー脱毛を選びたい。こうお考えの方は多いことでしょう。レーザー脱毛は、医療機関でのみ受けることができる医療脱毛で、脱毛完了後にはムダ毛の再生率が非常に低くなるというメリットを持っています。ですが、レーザー脱毛は1回で脱毛を完了させることはできず、最低でも3回、部位や毛質によっては5回以上の照射が必要になることもあります。レーザー脱毛...

 
 

最近人気の脱毛部位といえばVIOです。少し前までは、VIOを脱毛するなんて恥ずかしいという人も多かったですが、「水着が綺麗に着られる」「生理中に快適になる」などの理由でVIO脱毛に挑戦する人が増えているのです。また、早く脱毛を完了させたいとレーザー脱毛を選択する傾向が多いようですが、本当にレーザー脱毛でVIO脱毛するとしっかり効果は出るのでしょうか。結論からいうと、光脱毛で施術を行うよりも、レーザ...