MENU

脱毛サロンのブラジリアンワックスのメリット・デメリット

ブラジリアンワックスとは、デリケート部分をツルツルの状態にする脱毛方法です。
ブラジリアンワックスは、低刺激性のワックスさえ用意すれば、ご自身でも行うことができます。

 

ですが、デリケートゾーンには粘膜部分があり、ご自身で脱毛を行うには、少々難易度が高く、粘膜部分へ付着してしまうリスクも伴います。
そのようなときの心強い味方が、専門サロンでのブラジリアンワックスです。

 

ブラジリアンワックスのメリットとは?

ワックス脱毛は、一度脱毛を行うと、その効果が2〜3週間前後持続しますので、こまめな処理が必要ないというメリットを持っています。
カミソリやシェーバー、除毛クリームなどは、お手軽に行うことができる除毛処理ではありますが、2〜3日に1回程度の処理が必要になります。

 

ですが、ブラジリアンワックスであれば効果の持続期間が長いため、ムダ毛処理に費やす時間の節約にもつながります。
また、ブラジリアンワックスの場合では、脱毛後に後悔したとしても、数週間後には元の状態に戻るというメリットも持っています。

 

たとえば、医療脱毛でデリケートゾーンをツルツルの状態に脱毛したとしましょう。
医療脱毛は永久脱毛に分類されていますので、脱毛後に後悔したとしても、元の状態に戻すことは困難です。

 

デリケートゾーン脱毛で最も多いといわれているのが、ツルツルの状態にしなければ良かった…という後悔です。
ですが、ブラジリアンワックスなら大丈夫、黙っていても元の状態に戻ります。

 

さらに、ブラジリアンワックスは、デリケートゾーンに雑菌が繁殖しやすい季節限定で行うことができるという点も、メリットとして挙げることができるでしょう。

 

ブラジリアンワックスのデメリットとは?

デリケートゾーンには、細かい末梢神経がたくさん通っているため、ワックスを剥がす際に強い痛みを伴うことがあるというデメリットを持っています。
また、ワックスを剥がす際には角質層も剥がれてしまう可能性があるため、特にお肌が弱い方の場合では、処理後に肌荒れや毛穴が開くトラブルが発生することが考えられます。

 

角質層が剥がされた状態で毛穴が開いてしまうと、その部分から雑菌が入り込んで炎症を起こし、化膿してしまうこともあります。
こうなってしまうと、ブラジリアンワックスを行う脱毛サロンでは治療を行うことができませんので、皮膚科のお世話にならなければならない可能性も出てきます。

 

さらに、繰り返し行ううちに毛穴が表皮に塞がれ、埋没毛が起こる可能性も広がります。
ブラジリアンワックスには数々のメリットがありますが、その一方でデメリットもありますので、ブラジリアンワックスをご希望の方は、デメリットの部分にも目を向けて、慎重に施術を検討すると良いでしょう。